邪帝ガイウスと共に生きる


アニメオリジナルカード、待望のOCG化!


D4Vu7ZUIAAig9.jpg

☨効果詳細☨

 
2002年3月19日に放映された、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の第99話で初登場した《イピリア》が、17年という長い年月を経てOCG化される事となりました。




このカードは、アニメオリジナルストーリーである『乃亜編』にて、BIG5の一員である大下幸之助が使用しています。この時に彼は肉体を持っていなかった為、電脳世界の中に意識を送り込まれており、《深海の戦士》に扮装して闇遊戯にデュエルを挑みます。



彼が使用していたデッキは当時にしてはかなり珍しく、ジワジワとアドバンテージを稼いでいくタイプのカードが多く使われており、闇遊戯を大きく追い詰める事に成功しています。その内の1枚が《イピリア》であり、このカードを幾度となく場に展開し手札補充を行い、デュエルの主導権を握る要因となりました。
その当時のカードが こちら↓

anmnaipra.png

☨効果詳細☨

(残念ながら作中ではレベルや属性を確認出来ませんでした)





OCG版と比較すると、場に出た時にドローをする強制効果は変わりませんが、こちらには1ターンに1度の制約が付いていません。

イラストについてはOCG版では現代風にデフォルメをされているものの大きな変更はありません。



テキストやイラストが現代っぽくなった点以外はオリジナル版をリスペクトし、変に魔改造されずにOCG化を果たした珍しい例かもしれません。17年も前に考案されたカードが現物となって登場する事となり、当時リアルタイムでアニメを視聴していた身としてはとても嬉しいサプライズとなりました。


Comments


プロフィール

Chester

Name:Chester
永遠の新米デュエリストが、遊戯王カードついて語っていきます。少しずつ更新しているので、お暇な時にでもご覧頂けると幸いです(詳細
Twitter⇒@Chester_Gaius

検索フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login