邪帝ガイウスと共に生きる


新規恐竜はやはり真竜の餌?

新マスタールール及びリンクモンスターの詳細が気になって落ち着かないので、恐竜ストラクの発売前から既に噂されていた、恐竜+真竜のデッキ紹介でもやっていきますかね(´・ω・`)
 
sinkyo.png
やはり予想通り、新規恐竜との相性はすこぶる抜群に良いです。
シンクロモンスターを展開していくタイプの【真竜】もありましたが、新マスタールールでは比較的エクストラデッキに頼らないタイプの【真竜】も活躍するかもですねー(*´ω`)





<デッキ内容>
◆モンスター:《究極伝導恐獣》×3、《真竜剣皇マスターP》×3、《真竜拳士ダイナマイトK》×3、《真竜導士マジェスティM》、《幻創のミセラサウルス》×3、《魂喰いオヴィラプター》×3、《プチラノドン》×3(ベビケラサウルス3枚でもOKです)
◆魔法:《化石調査》×3、《ブラック・ホール》、《テラ・フォーミング》×3、《帝王の烈旋》×3、《真竜の継承》×3、《ドラゴニックD》×3
◆罠:《真竜皇の復活》×3、《真竜の黙示録》×2





このデッキのキーパーツは上級真竜モンスター、究極伝導恐獣、プチラノドン、オヴィラプター、ドラゴニックD、の5種類です。勿論、サーチカードの化石調査とテラフォはフル投入しています。

一番理想的な流れが、ドラゴニックDでプチラノドン破壊⇒必要な真竜カードサーチ&オヴィラプター特殊召喚⇒オヴィラプターで究極伝導恐獣サーチ⇒オヴィラプターをリリースして上級真竜をアドバンス召喚⇒墓地のプチラノドンとオヴィラプターを除外して究極伝導恐獣を特殊召喚、となります。

この際、アドバンス召喚する真竜がマスターPであれば尚、理想的です。オヴィラプター+真竜継承リリースでモンスター&魔法耐性付与、オヴィラプター+真竜復活or黙示録リリースでモンスター&罠耐性付与のマスターPが完成。相手メインフェイズ中に相手モンスターを裏側守備にする究極伝導恐獣と、効果耐性と破壊能力を秘めたマスターPのタッグはかなり強固で強力です。

ミセラサウルスは究極伝導恐獣に効果耐性の付与、またはオヴィラプターと並べてエクシーズでもOKです。ダイナマイトKを経由して真竜皇の復活サーチから、相手ターン中にマスターPをアドバンス召喚という手も有りです。EXデッキをほぼ使わないこととアドバンス召喚が鍵となるデッキなので帝王の烈旋との相性が非常に良く、フル投入しています。

このデッキが特に苦手とするカードは、永続的除外カード、つまり今流行りのダークロウが特にきついです(;・∀・)運良く烈旋を引けると良いんですが・・・。魔法罠リリースからの真竜アドバンス召喚が成功したとしても、相手が気前良くダークロウを殴らせてくれるとも限りませんしね(;´∀`)泣きの1枚のブラホで吹っ飛ばしたいところです。
Comments


プロフィール

Chester

Name:Chester
永遠の新米デュエリストが、遊戯王カードついて語っていきます。少しずつ更新しているので、お暇な時にでもご覧頂けると幸いです(詳細
Twitter⇒@Chester_Gaius

検索フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login