邪帝ガイウスと共に生きる


【DUEL LINKS】 オススメのアレコレ



duel_links.jpg


最近、仕事の休憩時間にやる事の8割がほぼ”コレ”になってきています(笑)
無課金且つ、効率的に遊びたい人へ。
特に、「最近始めた」「これから始める」という人達へ向けての記事となります。


 

城之内と獣戦士族の安定感


「使用キャラクターに迷った」「序盤はどんなデッキが良いのかわからない」
という方々に一番お勧めしたいキャラクターが《城之内克也》
joumonjin.png

お勧めの理由は、城之内の所有するスキル「戦士たちの草原」が非常に役立つからです。これはデュエル開始時に自動的にフィールド魔法《草原》が発動し、戦士族・獣戦士族の攻守を200ポイント底上げしてくれるというもの。




序盤、カードを多く所有していない状態ではまともな攻撃力を持つモンスターが極端に少ない中、「安定した火力を持つ種族」が戦士族・獣戦士族となります。
そこでまず最初に買うべきBOXがこの「GALACTIC ORIGIN」
123wfhhhj.jpg
このBOXの中には比較的攻撃力の高い戦士族・獣戦士族モンスターが多く収録されています。つまり、城之内が発動可能なスキル「戦士たちの草原」と 非情に相性が良い のです。




モンスター以外にも優秀な魔法カード、罠カードが収録されているのも特徴です。
《突進》:攻撃力を700ポイント上昇させる速攻魔法。
《凶暴化の仮面》:攻撃力を1000ポイント上昇させる装備魔法。
《炎舞-「天枢」》:自分の獣戦士族の攻撃力を100ポイント上昇させ、更に1ターンに1度獣戦士族の召喚権をノーカウント扱いに出来る永続魔法。
《炎舞-「天権」》:自分の獣戦士族の攻撃力を300ポイント上昇させる永続罠。
《攻撃の無敵化》発動時に、①同一ターン内に選択したモンスターが戦闘破壊されなくなる、②同一ターン内に自分が受ける戦闘ダメージを全て0にする、の二つの効果から選べる通常罠。




お勧めのデッキを組む手順としては、
最序盤、モンスターが少ない内は戦士族と獣戦士族を混合して入れる。

獣戦士族が増えて来たところで、戦士族を少しずつ抜き始める。

獣戦士族サポートの天枢、天権を少しずつ加えていく。


こういった流れでデッキを構築していけば、序盤の対NPC戦で躓く事はまずありません。





中盤以降は獣戦士族デッキから剣闘獣デッキへ


「GALACTIC ORIGIN」は獣戦士族の強みだけでなく、「剣闘獣」カテゴリが一式揃っているという強みをも持ち合わせています。「剣闘獣」とは戦闘を行ったバトルフェイズ終了後、剣闘獣をデッキに戻す事で、別の剣闘獣をデッキから特殊召喚するといった共通効果を持つカテゴリです。



特に注目すべきは、
《剣闘獣ラクエル》:最初から高火力でありながら、剣闘獣効果で特殊召喚後、自身の攻撃力を2100にする。
《剣闘獣ムルミロ》:剣闘獣効果で特殊召喚後、フィールドのモンスター1体を破壊する。
《剣闘獣ベストロウリィ》:剣闘獣効果で特殊召喚後、フィールドの魔法・罠を1枚破壊する。
《剣闘獣ディカエリィ》:剣闘獣効果で特殊召喚後、バトルフェイズ中に2回まで攻撃可能にする。



剣闘獣はそれぞれ固有の強力な効果を保有していますが、ラクエル以外の下級剣闘獣は軒並み攻撃力が低いという弱点があります。この弱点を克服すべく、先述した速攻魔法の《突進》や通常罠の《攻撃の無敵化》をフルに投入する事で、大幅な戦力増強を図るという目論見です。



また「剣闘獣」には、指定された剣闘獣をデッキに戻す事で、エクストラデッキから特殊召喚可能な融合モンスター、《剣闘獣エセダリ》、《剣闘獣ネロキウス》、《剣闘獣ヘラクレイノス》の3種類が存在している事も覚えておくと良いでしょう。





GALACTIC ORIGIN以外のカード


DUEL LINKS環境において、絶対に3枚所持しておきたい最強カードの代表格と言っても過言ではないカードがあります。


それがこの《エネミーコントローラー》です。
98045062.jpg
このカードは、相手の表側モンスター1体の表示形式を変更する効果、相手の表側モンスター1体のコントロールを奪う効果、の二つの効果から選んで発動出来ます。



DUEL LINKS環境では、前者の「表示形式変更」が特に重要視されます。
その理由はOCG環境とは異なり、フィールドが狭い事、初期手札が少ない事、モンスターの召喚・特殊召喚を立て続けに行うのが難しい事、にあります。こういった事情を抱えるが故にモンスター1体の攻撃を止める、もしくは表示形式を変えてしまう、こういった戦略が大きく有効となりやすいのです。



また、「表示形式の変更」は先述した「剣闘獣」とも 相性抜群です。
戦闘を行う事が効果発動のトリガーとなる剣闘獣にとっては、相手モンスターを守備表示にする事で戦闘破壊を免れつつ、安全にデッキから剣闘獣の特殊召喚を狙えるようになります。《剣闘獣ムルミロ》と《剣闘獣ベストロウリィ》の破壊効果を、《攻撃の無敵化》や《エネミーコントローラー》でサポートする形が理想となります。



《エネミーコントローラー》の入手方法はLV30以上の《海馬瀬人》にデュエルで勝利する事、これは完全ランダム入手となるので挫けずに何度もデュエルして勝ち取りましょう、
他にも有用な表示形式変更カードが存在しており、《イタクァの暴風》と《アヌビスの呪い》の2種類となります。注意すべきは、《エネミーコントローラー》は3枚以上の入手が可能な一方、この2種類に関しては2018年3月現在では各種1枚ずつしか入手出来ません。《イタクァの暴風》は《孔雀舞》のLVを25にした時の特典、《アヌビスの呪い》は《リシド》のLVを21にした時の特典となります。





今回は以上となります。
DUEL LINKS入門として役立てて頂けると幸いです。



Comments


プロフィール

Chester

Name:Chester
永遠の新米デュエリストが、遊戯王カードついて語っていきます。少しずつ更新しているので、お暇な時にでもご覧頂けると幸いです(詳細
Twitter⇒@Chester_Gaius

検索フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login