邪帝ガイウスと共に生きる


2017年10月1日リミットレギュレーション


今回もかなり大胆にいきました。
 



禁止

《ドラゴニックD》
《真竜剣皇マスターP》



制限

《ABC-ドラゴン・バスター》
《ベビケラサウルス》
《魂喰いオヴィラプター》
《同族感染ウィルス》
《召喚師アレイスター》
《真竜拳士ダイナマイトK》
《源竜星-ボウテンコウ》
《トリックスター・リンカーネイション》
《テラ・フォーミング》
《グリモの魔導書》
《真竜の継承》
《真竜皇の復活》



準制限

《WW-アイス・ベル》
《増殖するG》
《召喚僧サモンプリースト》
《貪欲な壺》
《化石調査》
《未来融合-フューチャー・フュージョン》



無制限

《EMペンデュラム・マジシャン》
《レスキューキャット》
《黒き森のウィッチ》
《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
《異次元からの埋葬》
《儀式の準備》
《機殻の生け贄》
《揺れる眼差し》
《竜の渓谷》
《真帝王領域》
《炎舞-「天璣」》








まず、第一印象として「真竜」がボコボコにやられた事。ここまで規制が強くなるともはや【真竜】デッキとしては非常に身動きが取り難い状況に陥ったと思います。特に心臓となっていた《ドラゴニックD》の禁止化はかなりの大打撃です。


少し意外なところでは【恐竜族】の大幅な戦力ダウンでしょうか。恐竜のサーチ手段を減少させられた影響で、今後は「恐竜族」単体で戦う事は困難を極めると思われます。


《トリックスター・リンカーネイション》は単発で採用可能な凶悪なハンデスカードだったので制限化は妥当ですね。


困った時の《増殖するG》3積み戦法が取れなくなりました。これは賛否両論となりそうです。


《テラ・フォーミング》の制限化は間違いなく《メタバース》の影響であり、今後は《メタバース》が主流となっていきそうです。


P系のカード、《同族感染ウィルス》、《黒き森のウィッチ》、《炎舞-「天璣」》、《儀式の準備》、緩和されたこれらのカード達は個人的に納得です。《ABC-ドラゴン・バスター》、《召喚師アレイスター》の制限化も妥当な判断だと思います。その他のカードの改訂は少し判断が難しく、色々と物議をかましそうです。



以上、2017年10月1日リミットレギュレーションのご紹介でした。




Comments
 
スパイラル一強の恐ろしい環境になるか・・・
Re: タイトルなし 
> スパイラル一強の恐ろしい環境になるか・・・

そういうことになってしまいそうですねぇ・・・。今回はどちらかと言うと、緩和されたカードよりも、規制されたカードのインパクトが強過ぎました。「●●一強環境」を防ぐには、「何も規制しない」か「大雑把に大量緩和を試みる」が理想の形だと思いますが、今回は駄目な方向性に向かいそうですね。


プロフィール

Chester

Name:Chester
永遠の新米デュエリストが、遊戯王カードついて語っていきます。少しずつ更新しているので、お暇な時にでもご覧頂けると幸いです(詳細
Twitter⇒@Chester_Gaius

検索フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login