邪帝ガイウスと共に生きる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新マスタールールにおける精神操作と次元障壁の評価

seisogeheki.jpg

 
本日発売のSTRUCTURE DECK「サイバース・リンク」を無事に3箱確保することが出来ました。

このデッキに収録されている《精神操作》と《次元障壁》、これらは新マスタールールで追加されたリンク召喚のシステムにより、評価がこれまでよりも大きく変動することが予測されるカード達です。そんな2枚のカードが、リンク召喚を起点としたデッキに採用されているのは何かの皮肉にも感じる次第です。



今回はこの2枚をピックアップして考察をしていきます。







リンクモンスターが及ぼす影響 : 精神操作

リンクモンスターの登場以前では、奪った相手モンスターはリリースと攻撃が出来ず、エクシーズ召喚やシンクロ召喚を狙うにしても、相手のデッキ依存となり使い勝手が左右されてしまう不安定なカードでした。



そんな中、新たに登場したリンクモンスターには「効果モンスター●体」等と非常に緩い条件下で設定されいてるカードがいくつも存在しています。そこで素材を特に定めていないリンクモンスターをEXデッキに忍ばせておくだけで、「精神操作たった1枚が、相手モンスターの除去を兼ねたリンクモンスターの素材」 となってしまう訳です。



極端な話、魔法効果の対象にならないモンスター、魔法効果耐性を持つモンスター以外は全て、「精神操作が天敵」 と言ってしまっても差し支え無いのかもしれません。









リンクモンスターが及ぼす影響 : 次元障壁

このカードは、儀式モンスター、融合モンスター、シンクロモンスター、エクシーズモンスター、ペンデュラムモンスターのどれか一つを宣言し、宣言された種類のモンスターは特殊召喚が出来ず、”フィールド上での” 効果を無効にするという効果。



そう、このカードは新たに登場したリンクモンスターには対応していません。

儀式魔法、融合魔法が発動されました → 儀式か融合を宣言します
チューナーが登場しました → シンクロを宣言します
同レベルのモンスターが並びました → エクシーズを宣言します
左右にPスケールが張られました → ペンデュラムを宣言します



何かを宣言して特殊召喚を食い止めたとします。
「じゃあ、止められた代わりにリンク召喚をしますね」



ルール変更によって、新たなる ”逃げ道” が用意された訳です。
相手は本来、目的としていた種類のモンスターを出せずとも、リンク召喚へと繋げる事で、ある程度損害を軽減出来てしまう可能性があります。必ずしも相手のEXデッキにリンクモンスターが採用されているという確証はありませんが、”逃げ道がある” という事実だけで、このカードへの信頼は落ちてしまうのかもしれません。



リンク召喚のシステムが無かった頃と、リンク召喚のシステムが作られた今、
新時代の幕開けと共に、《次元障壁》の評価が大きく没落する未来も見えて来ました。









結局は、リンクモンスター次第

今後も増え続けるであろうリンクモンスター、結局の所はリンクモンスターの数、バリエーション、強さにかかっています。どれ程までリンクモンスターがデュエルに影響を及ぼすのかは実際に新しいカードが出てみないとわかりません。



もしかしたらEXデッキ15枚の枠、その全てがリンクモンスター一色に染まる未来も有り得るかもしれません。



リンクモンスターの登場によって、存在価値が左右されてしまう《精神操作》と《次元障壁》、この2枚が同じストラクチャーデッキに入っていることが少し奇妙でもあり、遊戯王の今後を考えさせてくれる題材でもあります。このままの読み通り、《精神操作》の価値が上昇し続けるのか、《次元障壁》の価値が下落し続けるのか、今後の遊戯王の行方を目を離さずに見守って行こうと思います。


Comments


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chester

Name:Chester
永遠の新米デュエリストが、遊戯王カードついて語っていきます。少しずつ更新しているので、お暇な時にでもご覧頂けると幸いです(詳細
Twitter⇒@Chester_Gaius

検索フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。