邪帝ガイウスと共に生きる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、6月12日と言えば


 
TCG環境の新リミットレギュレーションの適用開始日ですね。
前回の3月分との変更点は以下のようになっています。



《旧神ノーデン》 制限 → 禁止
《隣の芝刈り》 無制限 → 制限
《SRベイゴマックス》 無制限 → 制限
《慧眼の魔術師》 準制限 → 無制限
《EMドクロバット・ジョーカー》 制限 → 無制限
《ペンデュラム・コール》 制限 → 無制限



ご覧の通り、新たに規制されたカードは《旧神ノーデン》、《隣の芝刈り》、《SRベイゴマックス》の3枚。逆に緩和されたカードは《慧眼の魔術師》、《EMドクロバット・ジョーカー》、《ペンデュラム・コール》の3枚となっております。



特に注目すべきは《旧神ノーデン》の禁止化でしょうか。
驚くことにこのカードは2016年の4月に制限になって以来ずーっと制限のまま居座っていました。1年2ヶ月の時を経て、めでたく禁止入りを果たしました。長らくの間、《簡易融合》から融合召喚してそのままお手軽にエクシーズやシンクロに使われていたので、TCG環境では禁止化を望む声も多かったようです。


《SRベイゴマックス》はOCG環境と同じく制限となりました。
一転してOCG環境で無制限の《隣の芝刈り》は、こちらでは一足先に制限入りとなっています。これに習ってOCG環境でも次回7月のリミットレギュレーションで制限となる可能性は多いに高そうですね。


そして緩和されたカード達は、《慧眼の魔術師》、《EMドクロバット・ジョーカー》、《ペンデュラム・コール》の3枚。魔術師P関連の事実上の強化に繋がっています。これは紛れもなく新マスタールール及びリンク召喚のシステムで戦力ダウンしたペンデュラムの補助を狙ってのことでしょう。OCG環境の方でも今後、ペンデュラム系カードの緩和、もしくは新規でペンデュラム系カードの強化が入ることが予測されます。



以上、TCG版2017年6月12日のリミットレギュレーションのご紹介でした。


Comments


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chester

Name:Chester
永遠の新米デュエリストが、遊戯王カードついて語っていきます。少しずつ更新しているので、お暇な時にでもご覧頂けると幸いです(詳細
Twitter⇒@Chester_Gaius

検索フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。