邪帝ガイウスと共に生きる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開闢の使者について思うこと


このカードについて、1年以上前から抱いていた疑念。

72989439.jpg

 
《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
特殊召喚・効果モンスター(準制限カード)
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカードの①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
②:このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。




こいつもう無制限で良くない?



と、1年以上前に・・・もっと具体的に言うと、2016年4月のリミットレギュレーションで無制限にならないかと、超個人的主観で密かに望んでいましたが、結果として《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》は2016年4月で制限から準制限へと緩和になりました。




それ以来ずっと、「無制限はまだか無制限はまだか・・・」と、開闢の使者の無罪放免完全釈放を心待ちに願っていますが、中々思い通りにはいきません。




光属性は《オネスト》が使える
レベル8と言えば《トレード・イン》
《青眼の白龍》と全く同じ攻守
光闇混合デッキの救世主

うん、やっぱり考えれば考える程このカードは無制限にするべきですよ!






え?
除外効果が悪い?連続攻撃が悪い?両刀持ちは流石にヤバい奴ですか、そうですよね。引っかかるのはやっぱりそこですよねぇ・・・ええ、わかりますよわかっています・・・(涙)




しかしまだ引き下がれません(必死)
ここで《混沌帝龍 -終焉の使者-》を思い出してみましょう。彼はエラッタという熱い洗礼(?)を受け、禁止カードから無事に無制限カードへと生還を果たすことに成功しました。これに続いて開闢の使者も心変わりをする時が来たのかも知れません。



「このカードの①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。」
この部分を
「このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。」
という風に名称指定効果に変更してしまいましょう。そうすれば、例え開闢の使者がフィールドに3体並んでいたとしても効果を使用出来るのは1回限りの1体だけ、①か②のどちらかの効果を一度執行してしまえばそれで終了。



やっぱりエラッタして無制限にするべき!









あ!
そう言えばこのカードの再録、何年間も忘れてません?
ねぇ、KONAMIさん?
9596126.jpg



Comments
 
解除オメデトー!
Re: タイトルなし 
いやぁーまさかの解除来ましたね(;´∀`)
半信半疑で記事を書いたんですが、本当に解除されて嬉しい限りです!


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chester

Name:Chester
永遠の新米デュエリストが、遊戯王カードついて語っていきます。少しずつ更新しているので、お暇な時にでもご覧頂けると幸いです(詳細
Twitter⇒@Chester_Gaius

検索フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。