邪帝ガイウスと共に生きる


新マスタールールでのペンデュラムの影響


今回はペンデュラム、すなわちPモンスターやP召喚が新マスタールールでどのように変わって行くのかをちょこっとだけ考えてみようと思います。
 
まずはデュエルフィールドを今一度再確認してみましょう。

duel.jpg

P召喚を行うデッキにとっては事実上、使用できる枠が一枠減ったことになります。そして魔法罠ゾーンを圧迫する仕様上、今まで可能だった両脇にPスケールを張りつつ5枚伏せということも不可能になりましたね。


また、先日のコナミのアナウンスで、EXデッキからのPモンスターの召喚もEXモンスターゾーンに置かれることが明言されました。要するにカードの種類問わずEXデッキからの特殊召喚は全てEXモンスターゾーンへ直行のようです(それを避ける為にリンク召喚の導入が関わって来るんですね~)


P召喚は1ターンに1度とは言え、EXデッキからPモンスターを一気に5体まで召喚可能と、今までこれが出来ていたことが異常だったのかもしれません。その代わり今度は縛りがちょっと厳しくなり過ぎたのかなぁ・・・という気がしなくもないですね(´・ω・`)


さて、ここからは希望というか憶測なんですが・・・
ずばり、リンクモンスターがP召喚をサポート
するんじゃないかなーって個人的に勝手に思ってたりしてます( ・∀・)

linkkari.jpg


簡単に言えばペンデュラム版二重召喚といったところです(-。-)y-゜゜゜
これはあくまで例題ですけど、何らかの形でペンデュラムに対してサポートが来るのかなーという予想です。融合、シンクロ、エクシーズと比べてもやはり被害度の大きさはペンデュラムが一番だと思うので。旧ルールのままじゃP召喚が2回なんて完全にズルでしたが・・・。
今の条件じゃ有りだな(・∀・)

Comments


プロフィール

Chester

Name:Chester
永遠の新米デュエリストが、遊戯王カードついて語っていきます。少しずつ更新しているので、お暇な時にでもご覧頂けると幸いです(詳細
Twitter⇒@Chester_Gaius

検索フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム